産業医

産業医をお探しの企業担当者の方へ

産業医をお探しの方へ

会社にとって、従業員が心身ともに健康で、元気に働いてくれることは本当に大切なことです。
病気で休む従業員が出れば、それを誰かがカバーしなくてはなりませんし、その人にしかできない仕事があれば顧客に迷惑をかけ、会社の信用にも関わります。

また、近年、高脂血症、高血圧などの基礎疾患を抱えた方が長時間の残業を続けた後に急死する、いわゆる「過労死」も社会問題化しています。もし従業員がこのようなことになったりすると、有為な人材を失うのみならず、遺族から損害賠償等の訴訟を起こされることがあるかもしれません。

従業員の健康管理の基本は、健康診断の実施ですが、会社の規模が小さくなるにつれて実施率が下がる傾向があります。一方、健康診断の結果、何らかの異常な所見のあった従業員の割合は、会社の規模が小さくなるにつれ高くなっています。

産業医とは

産業医とは

産業医の役割とは、職場で働く人々の健康を守ることです。

1,000人以上の人が働く職場では常勤産業医を、50人以上が働く職場では非常勤の産業医を置くことが義務づけられています。50人未満の職場では、産業医をおくことは義務づけられていませんが、休職・復職時の面談やメンタルヘルス、産業衛生一般の相談など単発での相談にも対応いたします。

産業医の主な仕事は下記の通りです。

  • 月に一度の事業場巡回
  • 衛生委員会の構成メンバー(委員会への出席は委員会の決定による)
  • 健康診断の事後措置に関する業務
  • 作業環境の維持管理に関する業務
  • 長時間労働者に対する面談
  • 休職・復職に関わる面談
  • 日常の健康相談
  • 衛生教育・健康教育
  • 定期健康診断結果報告書へのサイン
  • その他労基署への提出書類の作成
  • 衛生委員会議事録への捺印
  • 労働者の健康障害の原因の調査および再発防止のための措置に関する業務
  • 労働者の健康を確保するため必要があると認めるときは企業に勧告をする

お問い合わせ

ストレスチェック

ストレスチェック制度の大きなポイントは以下の3点です。

なお、行政への報告として、会社はストレスチェックや面接指導の実施状況として以下の4点を1年に1回、労働基準監督署に報告しなければなりません。

また、「ストレスチェックの集団分析、及びその結果を踏まえた職場環境改善」は出来るだけ実施することが望ましい努力義務として定められています。

※集団分析:個人結果がわからないように集計し、職場の一定規模の集団(部、課など)ごとに行うストレス状況の分析

また、近年注目されている、従業員援助プログラム(EAP)とは、職場におけるメンタルヘルスサービスのことです。メンタルヘルス問題の性質上、自社での設置が適切でないと考えられたり、担当者の選任が困難であったりと、外部に委託する企業が多いですが、自社内にそのような支援サービスを設置するメリットも多いと思います。

ストレスチェックを実施し、高ストレス従業員への面接指導に加え、従業員援助のための社内メンタルヘルスサービスの設立・運営へのアドバイスも致します。

ストレスチェックサービス詳細(外部)

復職支援

心の健康問題により休業している労働者が円滑に職場復帰するには、復職支援プログラムの策定や関連規定の整備により、休職から復職までの流れをあらかじめ明確にしておくことが必要です。
その休職から復職までの流れ(復職支援プログラム)をもとに、労働者それぞれに対してのプラン(復職支援プラン)を作成し、復職する労働者、受け入れる企業側も不安なく復職への一歩が進めるようにお手伝いします。

復職支援プログラム

※企業・労働者それぞれにあった具体的な提案をしたうえで、産業医として休職開始から復職後のフォローアップに至るまでの各段階において、しっかりとケアいたします。(産業医を選定しない場合、当院保健師のみによる支援も相談に応じます)

書式で簡単復職支援プログラム

保健師の嘱託

企業の関係者様へ

健康管理

定期健康診断後のアフターフォロー健診結果の分析、保健指導
予防管理健康問題やこころの悩みについての電話相談、社内研修会の実施
メンタルヘルスケア過重労働対策、ストレスチェックの実施やそのアフターフォロー

産業保健活動

復職支援休業時からの復職支援、リワークプログラムとの連携
安全衛生管理安全衛生委員会(1回/月程度)への出席、職場巡視、保健衛生だよりの発行

その他

安全衛生優良企業公表制度取得への支援、KY(危険予知)トレーニングの実施など

※対応業種・・・医療福祉系、サービス業(IT系、教育関連企業、事務系)、工業系など幅広い業種に対応しています。

相談窓口(個人の皆様へ)

保健師による相談窓口

忙しい毎日を送る中で、日常生活や仕事において生じる健康障害やこころの健康問題について、お気軽にご相談ください。
当院の保健師(看護師)が誠意をもって対応させていただきます。
その他健康に関連した様々な情報発信も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

相談・お問い合わせはこちらからsoudan@kokoromate.com

産業衛生研究所

当院は、産業衛生に関する研究活動を行っております。

働く人の健康と安全に関する研究を行い、産業保健活動に活かしております。

産業医の嘱託契約について

当院は、株式会社セイルズ産業医事務所と提携しております。

原則、株式会社セイルズ 産業医事務所との契約となります。社外健康管理室の利用も可能となり、すべての働くひとのために産業衛生活動が可能となります。

セイルズ産業医事務所 詳細(外部)