診療科目:内科、心療内科、精神科

【代表電話番号】

TEL.052-918-2448

訪問診療

ナラティブクリニックみどり診療所

訪問診療とは

「地域のために」

通院が困難な方のご自宅等に訪問し、診察を行うことです。
主に、脳卒中の後遺症の方、慢性心不全などの慢性疾患で処方の継続が必要であったり、点滴や定期的な検査が必要な方が対象となります。
当院の訪問診療では、どのような疾患であっても、またどのような方針の方であっても対応しています。

「住み慣れた自宅で最期まで」

安心して最期まで自宅で過ごすことができるように自宅での看取りも行っています。
当院開院から5年でおよそ300名の方がご自宅で最期を迎えられました。

訪問診療

newsクリニックの最新情報

Tweets by narrative_CL

treatment当院で対応している在宅医療処置

疼痛管理

疼痛管理
  • 癌性疼痛の管理 (持続皮下注も可能)
  • 慢性疼痛管理

栄養・点滴管理

栄養・点滴管理
  • 点滴
  • 胃瘻(その他の経管栄養法)
  • 中心静脈栄養

呼吸管理

呼吸管理
  • 酸素療法
  • 各種人工呼吸器療法

処置等

処置等
  • 胸水・腹水の管理(穿刺ドレナージも可能)
  • 重度褥瘡処置
  • 抜糸
  • 膀胱留置カテーテル

その他

その他

上記に記載されていないことも対応できることがありますので、お気軽にご相談ください。

bill在宅医療の費用について

当院の在宅医療は原則保険診療となります。
保険証やお持ちの医療証等によって費用は変わります。会計上は外来扱いになります。

医療保険

名称 一割負担 三割負担
在宅時医学総合管理料または
特定施設入居時医学総合管理料
1,200円~5,000円 3,600円~15,000円
訪問診療料 888円 2,664円

介護保険

名称 一割負担 二割負担
居宅療養指導管理料 294円~588円 588円~1,176円

また、処方箋が出た場合はお薬代を薬局でお支払いいただく必要があります。
お薬の配達も可能ですので詳しくはお尋ねください。

在宅緩和医療

がんの方の自宅療養支援も行っています。

緩和医療は終末期のみの医療ではなく、がんと診断された当初から当然のように行われるべき、がんによる諸症状を緩和する医療です。 がんになってもよりよく生きるために、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、心理職等がチームで支える医療です。当院では在宅緩和医療の経験が10年以上の院長のもと、地域の多職種と連携しています。

痛みがつらく医療用麻薬の管理が必要であったり、胸やお腹に水が溜まり定期的に排液が必要な場合などの処置もご自宅で可能です。希望がある場合は、口からの栄養が十分でなくなった時の中心静脈栄養点滴などの対応もしています。

がんの方の就労との両立支援なども行い、総合的に対応しています。

最近では心不全の方の緩和医療にも力を入れています。

これまでにドブタミン持続点滴なども経験があります。がんに限らず、当院ではどんな疾患であっても、安心してよりよく生きるために苦痛を取り除く医療を受けることが可能です。

日々医療は発達して専門医療も進歩しています。しかしまだ専門医療は在宅療養では一般的ではありません。難しい検査についてはこれまで通り総合病院等を紹介しますが、当院では専門科の訪問診療にも力を入れています。

speciality専門科の往診・訪問診療

精神科

精神科

通院が困難で精神的な問題を抱えている方

精神面の問題により病院へ行くことを本人が拒否していたり、症状が悪く何年も引きこもりが続いていたり、通院サイクルの乱れによって、服薬が適切に行えていないなど、通院が困難な方への「往診・訪問診療」を当院では積極的に行っています。